プリザーブドフラワーが生花と決定的に違うポイントは一定期間枯れずに長持ちするという点です。一週間ほどで枯れてしまう生花は、プレゼントとしてはきれいで香りも楽しめるという点ではうってつけだと言えますが、贈られたほうに飾る手間と手入れの手間を半ば強要してしまうというデメリットもあります。
ですがプリザーブドフラワーならばその心配はいりません。枯れず、長く美しい姿をみえてくれるプリザーブドフラワーならば二人の思い出を長く保ってくれるとも言えますよね。


●誕生日ならではのプリザーブドフラワーも●

色やアレンジに自由度の高いプリザーブドフラワー。相手の好きな色や好みに合わせるのも良いですが、もし誕生日ギフトとして贈ることを考えておられる方は、相手の誕生石や、星座をイメージしたアレンジのものを選ぶと、自分だけに選んでくれたという気持ちがますので喜んでもらえる確率もぐっと上がりますね。メッセージを添えるのもいいですよね。


●お見舞いにもうってつけです●

花粉やにおいがないプリザーブドフラワーはアレルギーの心配もないので病院に持っていくお見舞いのときにも喜ばれます。
お見舞いには落ち着いた色合いのものを選べば、違和感なく飾ってもらえるかもしれません。

Leave a comment

Comments are closed.