お花が好きで自宅用として購入している方も居れば、プレゼントにしている方も居ますよね。
プリザーブドフラワーは生花にはないカラーのお花もありますから、非常に魅力的で見て楽しめるようになっています。プリザーブドフラワーをドライフラワーだと思っている方も多いようですが、実は全くの別物です。ドライフラワーとは異なり、特殊な液体にお花を浸して作っているのがプリザーブドフラワー。「結局のところ、どっちなの?」と思った方も居るはずです。実はこちらのおお花は生花に含まれまますが、湿気・水・ホコリに弱い点があるため、飾る際には気を付けた方はいいかもしれません。お手入れすることは簡単であるのに、気を付けるべき点がいくつかありますので、事前にしっかり覚えておくようにしましょう。


●プリザーブドフラワーは繊細に扱うべき

ドライフラワーではなく生花に特殊な液体を付けて出来たのがプリザーブドフラワーなのです。
プリザーブドフラワーはもともと生花であるがために、繊細に扱う事が出来なければすぐダメになってしまいます。生花自体繊細に扱う必要があるのですが、プリザーブドフラワーはそれ以上に気をつけなければなりません。水をあげてしまうと脱色になりますし、ケースから出して飾っておくといつの間にかホコリがついてしまう事もあります。もし、ホコリがついてしまった場合は、柔らかい素材のハンカチやタオルでそっと払ってあげるのが良いですよ。出来るだけ丁寧にそっと払ってあげるのがポイントです。一番良いのは、透明のケースの中へいれてプリザーブドフラワーを飾っておくことです。透明ケースなどは通販サイトでも様々な種類のものを扱っていますから、気に入ったものを見つけることが出来るはずです。


●どのくらい長持ちするものなの?

いつまでも美しいまま保つことが出来ると言われていますが、一体どのくらい保つことが出来るのでしょうか。
プリザーブドフラワーは保存の仕方によって寿命が大きく異なってきます。ケースの中に入れて保管している方はそれだけ長く保つことが出来ますが、普段からケースの外に出している場合などはあまり長く保つことが出来ないと言われています。枯れにくくいつまでも美しいまま保つことが出来るため、プリザーブドフラワーをギフトにして贈っている方も増えてきています。プリザーブドフラワーは、どんな場面でも活躍してくれるので、多くの方におすすめしたいお花です。

Leave a comment

Comments are closed.