母の日やお誕生日など、プリザーブドフラワーはギフトとしてもよく利用されるそうです。枯れないお花という通り、特殊な加工を行って樹液を抜き、あとから人工的に染色を行っているお花を組み立てたものが、プリザーブドフラワーという新しいお花の種類です。


プリザーブドフラワーはお見舞いにも

病院の中には、感染源となる可能性があることや、アレルギーの人がいるかもしれないという理由から、生花をお見舞いに持ち込むことを禁止しているところもあります。このようなところで人気が高いのも、プリザーブドフラワーです。プリザーブドフラワーには花粉などもないので、アレルゲンとなるものが生花よりもはるかに少ないのです。また手入れも非常に楽ですから、長い間、きれいなお花を楽しむことができます。


花弁が傷んで来たら

乾燥などで花弁が裂けてしまうこともあります。保存方法にもよるのですが、いくら枯れない加工をしているお花でも、枯れずにずっと咲いているのではなく、いたんでしまうことはあります。花弁が割れたり裂けたりしてしまうことがあります。もし傷んで来たら、裂けた部分や割れた部分を少しずつはさみでカットして丸く、形を整えてあげましょう。また、欠けてしまったら、その部分を中心にハート型などに切ってあげると、かわいらしくなります。オリジナルアレンジができるのも、プリザーブドフラワーの楽しみ方なのだそうです。

プリザーブドフラワーの人気ある店…プリザーブドフラワー人気店の商品が紹介されています。

Leave a comment

Comments are closed.