ギフトで花を贈るなら、生花よりもプリザーブドフラワーが向いています。
生花をギフトにする上で一番の問題が、その鮮度です。
業者に任せてもお花がしおれてしまっていたら、せっかくの贈り物が台無しになってしまいます。
プリザーブドフラワーなら、そんな心配はございません。


●花のギフトといえばプリザーブドフラワー

生花もプリザーブドフラワーも、見た目はほぼ変わりません。
ですが、生花はしおれやすく、枯れやすいです。
その弱点をなくした生花が、プリザーブドフラワーといっていいでしょう。
デリケートではありますがそう簡単には枯れず、数ヶ月~数年はみずみずしさを保ちます。
花びらがひびわれてしまったり色がにじんでしまったりしても、簡単に対処が出来るところも良いところです。


●贈る相手に手間がかからない

プリザーブドフラワーをギフトで贈るメリットの1つに、手入れが要らないという点があります。
生花のように水や日光を与える必要がないので、というよりむしろ与えてはいけないようになっています。
そのため、水を変えたり日当たりの良い場所に置かなければいけなかったりということはなく、相手に負担がかかりません。
見た目も美しく手間がかからない花を贈ってもらって嬉しくない人は、なかなかいないでしょう。

Leave a comment

Comments are closed.