母の日やお誕生日など、プリザーブドフラワーはギフトとしてもよく利用されるそうです。枯れないお花という通り、特殊な加工を行って樹液を抜き、あとから人工的に染色を行っているお花を組み立てたものが、プリザーブドフラワーという新しいお花の種類です。


プリザーブドフラワーはお見舞いにも

病院の中には、感染源となる可能性があることや、アレルギーの人がいるかもしれないという理由から、生花をお見舞いに持ち込むことを禁止しているところもあります。このようなところで人気が高いのも、プリザーブドフラワーです。プリザーブドフラワーには花粉などもないので、アレルゲンとなるものが生花よりもはるかに少ないのです。また手入れも非常に楽ですから、長い間、きれいなお花を楽しむことができます。


花弁が傷んで来たら

乾燥などで花弁が裂けてしまうこともあります。保存方法にもよるのですが、いくら枯れない加工をしているお花でも、枯れずにずっと咲いているのではなく、いたんでしまうことはあります。花弁が割れたり裂けたりしてしまうことがあります。もし傷んで来たら、裂けた部分や割れた部分を少しずつはさみでカットして丸く、形を整えてあげましょう。また、欠けてしまったら、その部分を中心にハート型などに切ってあげると、かわいらしくなります。オリジナルアレンジができるのも、プリザーブドフラワーの楽しみ方なのだそうです。

プリザーブドフラワーの人気ある店…プリザーブドフラワー人気店の商品が紹介されています。

Leave a comment

お花が好きで自宅用として購入している方も居れば、プレゼントにしている方も居ますよね。
プリザーブドフラワーは生花にはないカラーのお花もありますから、非常に魅力的で見て楽しめるようになっています。プリザーブドフラワーをドライフラワーだと思っている方も多いようですが、実は全くの別物です。ドライフラワーとは異なり、特殊な液体にお花を浸して作っているのがプリザーブドフラワー。「結局のところ、どっちなの?」と思った方も居るはずです。実はこちらのおお花は生花に含まれまますが、湿気・水・ホコリに弱い点があるため、飾る際には気を付けた方はいいかもしれません。お手入れすることは簡単であるのに、気を付けるべき点がいくつかありますので、事前にしっかり覚えておくようにしましょう。


●プリザーブドフラワーは繊細に扱うべき

ドライフラワーではなく生花に特殊な液体を付けて出来たのがプリザーブドフラワーなのです。
プリザーブドフラワーはもともと生花であるがために、繊細に扱う事が出来なければすぐダメになってしまいます。生花自体繊細に扱う必要があるのですが、プリザーブドフラワーはそれ以上に気をつけなければなりません。水をあげてしまうと脱色になりますし、ケースから出して飾っておくといつの間にかホコリがついてしまう事もあります。もし、ホコリがついてしまった場合は、柔らかい素材のハンカチやタオルでそっと払ってあげるのが良いですよ。出来るだけ丁寧にそっと払ってあげるのがポイントです。一番良いのは、透明のケースの中へいれてプリザーブドフラワーを飾っておくことです。透明ケースなどは通販サイトでも様々な種類のものを扱っていますから、気に入ったものを見つけることが出来るはずです。


●どのくらい長持ちするものなの?

いつまでも美しいまま保つことが出来ると言われていますが、一体どのくらい保つことが出来るのでしょうか。
プリザーブドフラワーは保存の仕方によって寿命が大きく異なってきます。ケースの中に入れて保管している方はそれだけ長く保つことが出来ますが、普段からケースの外に出している場合などはあまり長く保つことが出来ないと言われています。枯れにくくいつまでも美しいまま保つことが出来るため、プリザーブドフラワーをギフトにして贈っている方も増えてきています。プリザーブドフラワーは、どんな場面でも活躍してくれるので、多くの方におすすめしたいお花です。

Leave a comment

ギフトで花を贈るなら、生花よりもプリザーブドフラワーが向いています。
生花をギフトにする上で一番の問題が、その鮮度です。
業者に任せてもお花がしおれてしまっていたら、せっかくの贈り物が台無しになってしまいます。
プリザーブドフラワーなら、そんな心配はございません。


●花のギフトといえばプリザーブドフラワー

生花もプリザーブドフラワーも、見た目はほぼ変わりません。
ですが、生花はしおれやすく、枯れやすいです。
その弱点をなくした生花が、プリザーブドフラワーといっていいでしょう。
デリケートではありますがそう簡単には枯れず、数ヶ月~数年はみずみずしさを保ちます。
花びらがひびわれてしまったり色がにじんでしまったりしても、簡単に対処が出来るところも良いところです。


●贈る相手に手間がかからない

プリザーブドフラワーをギフトで贈るメリットの1つに、手入れが要らないという点があります。
生花のように水や日光を与える必要がないので、というよりむしろ与えてはいけないようになっています。
そのため、水を変えたり日当たりの良い場所に置かなければいけなかったりということはなく、相手に負担がかかりません。
見た目も美しく手間がかからない花を贈ってもらって嬉しくない人は、なかなかいないでしょう。

Leave a comment

プリザーブドフラワーが生花と決定的に違うポイントは一定期間枯れずに長持ちするという点です。一週間ほどで枯れてしまう生花は、プレゼントとしてはきれいで香りも楽しめるという点ではうってつけだと言えますが、贈られたほうに飾る手間と手入れの手間を半ば強要してしまうというデメリットもあります。
ですがプリザーブドフラワーならばその心配はいりません。枯れず、長く美しい姿をみえてくれるプリザーブドフラワーならば二人の思い出を長く保ってくれるとも言えますよね。


●誕生日ならではのプリザーブドフラワーも●

色やアレンジに自由度の高いプリザーブドフラワー。相手の好きな色や好みに合わせるのも良いですが、もし誕生日ギフトとして贈ることを考えておられる方は、相手の誕生石や、星座をイメージしたアレンジのものを選ぶと、自分だけに選んでくれたという気持ちがますので喜んでもらえる確率もぐっと上がりますね。メッセージを添えるのもいいですよね。


●お見舞いにもうってつけです●

花粉やにおいがないプリザーブドフラワーはアレルギーの心配もないので病院に持っていくお見舞いのときにも喜ばれます。
お見舞いには落ち着いた色合いのものを選べば、違和感なく飾ってもらえるかもしれません。

Leave a comment

たくさんのお花を使うシーンに結婚式や披露宴があります。
生花が使われることが多かったのですが、スケジュール構成に生花のコンディションも加味しなければならないという煩わしさもありました。
例えばブーケの制作を生花で行う場合には、当日の用意が望ましく、冬場や保存状態がいい場合には前日に用意するという形で準備していました。
また会場を彩る花も、季節によってはみるみるうちに劣化してしまいますし、式の後は処分することになります。


<プリザーブドフラワーを結婚式に使うメリット>

結婚式で使われるお花は会場全体、テーブルまわり、花嫁のブーケやコサージュなどです。
このほとんどはプリザーブドフラワーをつかうことが可能です。
事前に用意することが出来ますし、劣化も少なく再利用可能ですので、レンタルという形でコストを削減することも出来るでしょう。
ブーケの保存を考えている場合にも、はじめからプリザーブドフラワーで用意しておけば手間も省けます。
来客のアレルギーにも留意できます。
ただし会場からお花を持って帰ることを楽しみにしている人もいますので、その点の満足度をどのようにつくるかが若干の問題です。
引き出物にプリザーブドフラワーを加えるのも、良いアイデアです。

Leave a comment

お花が好きな人も多いとは思いますが、女性だけではなくて男性も好きな人が増えているみたいですよ。
生花もすごくきれいで美しいですが、どんなによく手入れをしても長持ちしないから寂しいですよね?
プリザーブドフラワーは枯れることが無いので、いつまでも美しいまま保てますし見て楽しめるようになっています。
実は、今変わったプリザーブドフラワーも出てきていて、それをギフトにしている人もいるみたいですよ。


●温度で変わるプリザーブドフラワー

最新の保存加工技術を用いたお花だったら、面倒な手入れが無いから安心して誰にでも扱うことが出来ます。
変わった色をしたプリザーブドフラワーもありますが、温度によって花びらの色が変わるものも中にはあるみたいなんです。
小さなものなので、ちょっとした場所に置けますし小さなクマさんも一緒に入っているから可愛らしいです。
男性に贈ってもいいですし、女性に贈っても喜んでもらえるんじゃないかと思います。


●どこで購入できますか?

このお花を扱っているお店は少しずつ増えてきていますが、通販サイトの方が種類も豊富ですね。
色の変わるプリザーブドフラワーは、楽天市場で調べると出てきますから、時間があればチェックしてみて下さい。
他にもケーキの形をしたプリザーブドフラワーもありますから、どんな時にも最適な商品だと思いますよ。

Leave a comment

何年か前に体調を崩し、それまで働いていた職場を退職いたしました。そのとき、仲の良かった方から、一輪のバラをいただきました。透明の箱に入ったそのバラは、非常に瑞々しい、真紅のばらでした。
箱の側面には、プリザーブドフラワーの文字が書かれていました。


<プリザーブドフラワー、人気の背景>

プリザーブドフラワーは、1990年代に開発され、ヨーロッパを中心に広がってきました。日本でも広がり、人気ある店が出てきたのも、それほど昔ではありません。
生花を加工したものなので、生花の瑞々しい美しさを保ちながら、生花には無理な長期保存が可能になっている、そこが何よりの魅力です。また、水やりも必要ないので、文字通り、楽して楽しめる、ってところが人気の秘密でもあるのでしょう。
これらの理由で、使われるシュチュエーションが増えてきています。


<その用途は?>

さて、何でも、手段と言うものは、目的に合わせて変わっていくものです。その鉄則をここに当てはめてみるなら、キーワードは「記念」でしょうか。簡単に散らず、こころに残る花、それがプリザーブドフラワーなのです。そのため、思い出に残ってほしい場合に使われるのでしょう。形も色も、様々にアレンジされて、こころを伝えているのかもしれません。
私の体調を気遣い、美しいバラを贈ってくれた友人の思い出のように。

後で何気なく知りましたが、それはその筋では人気ある店の品物でした。
思うに、人々から人気ある店は、そういった人々の気持ちを大事にしてくれている店と言うことなのでしょう。

Leave a comment

プリザーブドフラワーを誕生日や結婚のお祝いに利用する人が増加しているそうです。プリザーブドフラワーとは特殊な液体に花弁を漬けて、色や樹液を抜き取り、加工した新しいお花のことです。バラの花やガーベラなど、花の種類も多いので、イベントに合わせて選ぶことも可能です。


●プリザーブドフラワーはどれくらい飾れる?

プリザーブドフラワーは値段が、普通のお花よりも高くなりますが、その値段以上に長く飾ることができるのが特徴と言われています。ケースに入っているものや、花のままなど、お花の状態でも変わりますが、1年以上はきれいに飾ることができると言われているそうです。そのため、ギフトなどでも記念に残すことができると好評なのだそうです。


●お祝いや記念日に

プリザーブドフラワーは通販などでも購入できる、直接相手に送ることができることから、記念日やお祝いなどで遠方にいる人へ贈ることもできます。普通のお花と違って、お水などもいらないので、傷む心配なども少ないそうです。また、人工的に色を付けていることから、同じ色の花や、実在しないお花を再現することもできるため、紫や青など幻想的な雰囲気のフラワーアレンジメントを楽しむこともできると言われているそうです。

Leave a comment

プリザーブドフラワーとは、花弁を分解して、樹液を抜き取る加工を行ったお花のことです。生花の5倍以上の期間、きれいに咲いていて、枯れないお花などと呼ばれています。このようなお花を使ったギフトが増加していると言われています。中でもウエディングではヘッドピースなどを作る人もいるそうです。


この世にない色も再現できる

ウエディングでは真っ白いお花や、柔らかいピンク色などを合わせることが多いようです。生花では色の薄いお花ほど、痛みが目立ってしまうというデメリットがありますが、プリザーブドフラワーであれば、きれいな白のまま、ドレスの飾りなどにも利用できるのです。中でもフラワーティアラは、花嫁さんだけでなく、ベールガールやブライズメイドにも活用できるものです。


色違いで同じものが作れる

人工的に色を付けているという特徴から、この世にない色も再現できる、色違いや珍しい色も、自分の好きな色を指定して、プリザーブドフラワーを組み立ててもらうことができるというメリットがあります。枯れることがないので、使う当日に焦って装着する必要もありません。女性なら一度はあこがれるお花の髪飾りも、プリザーブドフラワーを利用すれば、きれいに、しかも式の途中で枯れてしまうということもなくドレスアップすることができるのです。

Leave a comment

プリザーブドフラワーは特殊な加工を行って、花弁に含まれる樹液を抜き取っています。そのため、長期間枯れずに保存することができるのです。そのためお花に虫などがつくこともありませんが、使っている資材などに乾燥させた木材などがあると、虫が発生することもあります。


プリザーブドフラワーに虫がいたら

ギフトなどでもらったプリザーブドフラワーを飾っていたら、虫がついてしまったという場合、虫がいるのは周りの乾燥させた木材などが原因になっていることが非常に多いのだそうです。そのため、まずは虫のついてしまった資材を抜き取ってしまいましょう。多くの場合は、刺さっている状態なので、抜いてしまえば大丈夫です。


さみしくなる部分は自分でアレンジを

しかし、完成していたものから抜き取ってしまうと、さみしくなってしまいますよね。そこで、空いてしまった部分には自分の好きなお花や資材などを飾ってみましょう。ホームセンターなどにも、パーツは売っていますから、色や形を見て、好きなものを足していけばいいのです。プリザーブドフラワーは長持ちするものですが、このように傷んでしまったときにもアレンジができるというのは非常に大きなメリットといえるかもしれません。

Leave a comment

プリザーブドフラワーは生花とほとんど見た目が変わりません。しかし、一つだけ生花にしかないものがあります。それが香りです。お見舞いなどでも禁止されることの多い生花ですが、やはりフレッシュな、気分をシャキッとしてくれる香りだけは、生花しかないものなのです。


プリザーブドフラワーに香りを付ける

ギフトなどでプリザーブドフラワーをもらったときに、もしも好きな香りがしたら素敵だなぁ、などと思ったことはありませんか?お花そのものに香りがないプリザーブドフラワーですが、後から好きな香りを付けることができないわけではありません。ただし、香水やアロマオイルなどを利用して、人工的に自分の好きな香りを香らせるという方法になります。


色落ちの原因になるから、直接つけないこと

アロマオイルなどでも、香りが長持ちするものを使うほうが利便性は高いそうです。これらをコットン等に含ませて、お花につかない位置に忍ばせてみましょう。プリザーブドフラワーは後から染色を行っているので、直接吹きかけると色落ちや色移りの原因となってしまいます。オイルなどがお花につかないように充分気を付けましょう。乾いた布などで濡らしたコットンを包むなど工夫をすれば、好きな香りを漂わせることもできるのです。

Leave a comment

プリザーブドフラワーはウエディングでも好評
結婚式では、多くのお花を利用しますよね。式場でもお花をたくさん飾り付けることで、華やかな雰囲気を演出します。式場の料金もお花によって変わるなど、ウエディングの場所でお花は切っても切り離せない存在です。


プリザーブドフラワーでブーケを作る人も

ウエディングで注目が集まるのは、やはり花嫁さんがもっているブーケかと思います。このブーケをプリザーブドフラワーで作るという人も増えているそうです。ブーケの受注生産を専門に行っている会社もあるそうですし、枯れないということから、縁起がいいと考える人もいるそうです。ブーケは過去、ブーケトスなどが行われていましたが、現在は晩婚化などを考えてトスが減っている代わりに、ブーケをプリザーブドフラワーで作り、このお花を帰りにゲストへギフトとしてお配りすることがあるそうです。


もらったお花は湿気のすくないところへ

プリザーブドフラワーは一度、人工的に樹液などを抜いて加工を行い、その後染色しているものです。そのため、持ち帰ったらなるべく、湿度や温度の変化のすくないところへ置きましょう。特に湿気の強くなる場所は色移りの原因などにもなるそうです。また直射日光を避けるということもポイントです。お水などをあげる必要はありませんが、保管場所には少しだけ気を使ってあげると長持ちしやすいと言われているそうです。

Leave a comment